2015年12月01日

なにかいるという感じ : 水木しげる氏の訃報に接して

まだもっと長生きされるのではないか、と書いては、いかにも平凡に過ぎよう。古代出雲について漫画を出版し、その後作品の全集が刊行されだしてから、「まとめ」の仕事に入られているのではないかとはかんがえていた。そして、いつも末尾の軽妙でいて、深々とした「あとがき」の類いを愉しみにしていたはずのある本に、そのあとがきが無かったときに、もしやという予感をかんじたことは否めない。

 それは、2014年刊の『決定版 日本妖怪大全』である。900頁余りの大著の、書かれざるあとがき。

 水木しげる氏の訃報を知ったときに思ったのは、そんなことだった。

 水木しげるといえば、「妖怪」である。

 もちろん、訃報に接して惜しむ声をみると、生きた戦争体験者として『総員玉砕せよ!』をはじめとする戦記ものや、鬼太郎、そして社会風刺的な作品など、多面的にとりあげてよいことがある(私は短編は特に好きだ)。

 しかし、いや、けれどもだからこそ、「妖怪」である。

 とりわけ私たちの世代にとって、1974年に小学館から出された『妖怪なんでも入門』の強度は圧倒的だった。小学生時分に、そして今でも、食い入るようになんどもなんどもながめた。

 相当、ハイレベルな内容である。
 なにせ巻頭の「妖怪の味わいかた」から、当人も学校時代に「妖怪の目」で世の中をみていたと書かれ、「金もうけで忙しい人には見えないものらしいですナ」とつづけられる。そうして、第1章「妖怪を知るための七つのポイント」には「現実には目に見える世界だけが世界ではない。もうひとつなにかがあるんじゃないかというきもちが大切である」と説かれる。内容の妖怪画もさることながら、私はこれにひきつけられた。また、同書の中で水木しげるは「いる」もの、そして「つくったり感じたり」するものを「妖怪」と定義している。

 その後も水木氏以前も、「妖怪」をめぐる定義は多く、専門的な論争にもなっている。
 しかし、これほどシンプルでかつ美しいそれを、私は知らない。

 水木しげるは、「感じ」を手放そうとしない人だったように思われる。それはたとえば、1992年の『カラー版妖怪画談』での「奇想を楽しむ日々」では、こんなふうに展開される。「神様と妖怪、あるいは幽霊と分けてしまうと、逆に本質を見失う。神様も幽霊も妖怪もみな親類、すなわち霊的なもの、霊々(かみがみ)の世界、いわば目に見えない世界の方々である。......すなわち、それは感じなのだ」。

 「感じ」ということは、感覚的経験を所与とするということとは、違う。水木は、たとえば海外でも精霊の木像について、金儲けのためにつくられたものか、それとも真剣に彫りつくられたものかということを即座に見抜き、前者については目もくれなかったという。そこに表現されようとしているもの、いや、感じられるべく、眠っているもの、目に見えないことから、見えるということにおいて立ち現れているもの、それが、「感じ」なのだと思う。それは、感覚されるべきもの、なのだ。

 こんな言葉を浴びせられ、絵に入り込むことは、静かな愉しみである。それは、生きていくうえでも「感じ」に歩みいるたしかな手がかりになるからだ。
 
 そういえば水木しげるは「奇想」の末尾近く、「我々はもともと“霊々(かみがみ)の世界”からやってきたものであり、そして“霊々(かみがみ)の世界”に去ってゆく存在なのだ」と書いている。
 自身の作品の中で何度も「水木」を殺し、また近年は反復するように自伝的作品を描きつづけ、「水木サン」というとても非人称的な呼びかたで自身を表現しつづけた者の、言い得る言葉かもしれない。

 いよいよ、“霊々の世界”に還ったのだろうか。
 もとより一ファンにすぎないが、正直亡くなったことを知ったときは、なにか哀しいような、安堵したような、妙な気持ちになった。ずうっと「家鳴り」のする、変な一日だった。
 
 哀悼の意の言葉は、すでに書いた。しかし、「妖怪」を愛好するものにして、もっともふさわしい態度は、水木しげるに開かれた「感じ」の中に踏み入りつつ、書かれざるあとがきを書きつぐようにしていくことなのかもしれない、と感じている。

 どうしても書きたくなる文章を、たまにはものしてみる。
 そして、妖怪は、愉しい。
 
 
posted by 甲田烈 at 00:20| Comment(0) | 妖怪学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月31日

ジャンクション・シティ

 それは突然のメールだった。

 お店の方からだ。

 もう数日後には閉店するという。こちらにとっては、あまりに突然。
 実際には、年末まで営業しているということだったが、とるものもとりあえず時間を創り、この22日に珈琲を飲みに行った。
 しゃっちこばった御礼は、得意ではない。
 もうどうしても、珈琲を飲んでおきたかった。

 ジャンクション・シティ。
 洒落た名前の、カフェである。
 初めてその半地下の場所に向かう階段を見たときは、ちょっとびっくりした。そのようなところに、今まで行ったことはなかったからだ。店内の意外な広さと落ち着き感が印象に残っている。
 2010年末、仏教心理学の講座を機縁として親しく交流することになった脚本家氏に、このお店を盛り上げたいという話を聴いた。妖怪cafeは、そこからスタートした。仏教なのに、妖怪の話ばかり。始めは訝っていた氏も井上円了の話を通して、徐々に興味を持ち始めたようだった。

 きっと勉強会や講座形式の場所貸しとしては、破格の条件。
 最初は、誰もこないだろうと思っていたが、あの震災を境に、人の足が繁くなり、7〜8名という具合に、続いてきた。
 いろいろな話をした。
 ここから広がる、ご縁もあった。
 最初は毎月、最近は隔月。
 たしかに震災で、なにか異界の蓋が開いたのだ。
 そのことは、報道レベルではともすると風化しかねない昨今の状況においてさえ、思うことだ。
 
 人は、己のひたと向かいあえないものを、禍々しく思い、排除しようとする。しかし禍々しいと思われるそれは、隠されつつ現れる生の事態なのであり、人の他ならぬおいたった根源を指し示す。妖怪が、単に面白おかしいキャラだと思ったら、おおまちがいだ。それは、世界と人間の奥処に通じている。
 そういう想いを、参加者と共有したいと思った。

 ジャンクション・シティのある中野という場所を少し歩くようになって、感じたことがある。この土地には、細かい襞がある。決して派手とはいえないその装いは、折り畳まれたその陰と光のきらめきからやってくる。妖怪にふさわしい、土地ではないか。中野、という土地にまだ縁があるのか、ないのか。

 ジャンクション・シティの閉店にともない、これから新生「妖怪cafe」の場所も探したいと思う。継続希望の声も、大きいと思われるからだ。

 ただ、新たな場所では、これまでよりも一人ひとりの関心に寄り添う形を、とりたいと思う。
 各人が、各人として妖怪に触れ、もちろん私もより多く学んで行くために。

 ありがとう。ジャンクションシティ。

 一杯の珈琲は、とても愛しい。

131219_1724~02.jpg
 


 

 
posted by 甲田烈 at 06:06| Comment(0) | 妖怪学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月06日

妖怪cafe・第5回のお知らせです

 今年2度目の和歌山行きをしてきました。
 紀州田辺にある南方熊楠顕彰館と白浜の南方熊楠記念館を、白浜記念館の前館長に案内していただき、あらためて南方熊楠の思索の宏大さに触れました。
 熊楠は井上円了の妖怪学には批判的でしたが、世界の成り立ちを心・物・事・理という四つの不思議の連関として捉えています。そのような意味では、「真の不思議」を追い求めた円了と通底する側面があったように思われます。

2013-10-20 14.22.53.jpg

 ところで、以前のプログで和田寛氏文・松下多恵絵の『紀州おばけ話』を紹介しました。和歌山は今でも緑濃い場所で、とりわけ熊野の方にいくと、現在でも妖怪の世界が感じられる場所が多いといいます。和田氏が紹介した妖怪たちの原典を探り、繙いてみると、たしかにそこには、その時点で体験的な現実であったことがうかがわれるような事例が数多くみられます。

 たとえば、少女の姿で現れて弁当を乞い求め、恩返しに少年が川に流されるのを助けた「牛鬼」の話は、まるで民話のような趣きがありますが、原話は昭和5(1930)年に那須晴次が書いた『伝説の熊野』(郷土研究社)に大正年間の話として収録されています。淵の主との関わりが、まだ活きていたのです。また、「子泣き爺」と一括される「赤子の泣き声」の話は、昭和37(1962)年に手書きの私家版として出された浜田大吉の『埴田区誌』に父親の体験として記されています。

 緑濃い中での、自然との関わりから生まれる不思議な話の数々。

2013-10-20 16.21.51.jpg

 井上円了が『妖怪学講義』「理学部門」で自然における人間のありかたを問いなおした「世界活物論」を手がかりに、和歌山の妖怪現象について考えてみたいと思います。
※『妖怪学講義』「理学部門」は下記からダウンロードできます。
https://toyo.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=4861&item_no=1&page_id=13&block_id=17

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
 ★妖怪cafe第5回「和歌山の妖怪たちと自然」

 ★開催日時 11月25日(月) 20:00〜21:30

 ★話題提供者 甲田烈(現・相模女子大学非常勤講師:最終学歴 東洋大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学(専攻・仏教学)

 ★会費 1000円+1オーダー

 ★場所 ジャンクションシティ(http://www.junctioncitytokyo.com/Photo_%26_Cafe_%22Junction_City%22/Home.html)
 Access/ 西武新宿線 新井薬師前駅 南口から徒歩2分 
 Address/ 〒164-0002 東京都中野区上高田3-37-7 サクラディア B1F
 e-mail/ jctアットマークjunctioncitytokyo.com(“アットマーク”を“@”に書き換えてください)
posted by 甲田烈 at 15:54| Comment(0) | 妖怪学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする