2017年02月01日

イベント情報・『水木しげると妖怪の哲学』出版記念講演会開催!!

 来る2月26日(日)に神戸の健康道場・サラ・シャンティにおいて、「妖怪と日本心性」と題して「 『水木しげると妖怪の哲学』出版記念レクチャーを行います。

 みなさま、お近い方、ふるってご参加下さい!

 水木しげるさんは、生前に一貫して「妖怪は"感じる"ものだ」と言い続けてきました。

 では、その「感じ」とはなんなのでしょうか?

 また、そのことと「考える」こととの関係とは?

 この「感じる」ことと「考える」ことをともに大切にする上で、大きなヒントを与えてくれるのが水木作品に描かれた「妖怪」や不思議な世界です。

 物語の世界に取り込まれることなく、しかもそれを味わい、語り手となること。
 分析にだけ偏る「言語」ではなく、あたかも調度品に触れたり、猫の背中をさするように、繊細に解像度を上げていく「コトバ」を用いること。

 情報があふれ、ディテールが氾濫し、ともすると表面的に日々が上滑りかねない中で、水木作品からは、強靭な知性と繊細な感性を触発されます。そのことは、「妖怪」を通して伝承や物語に親しむだけでなく、日々を生きる上での生命力を喚起するものにもなりえます。

この講演会では、拙著水木しげると妖怪の哲学 (イースト新書) -
水木しげると妖怪の哲学 (イースト新書) - では取り上げられなかった水木の妖怪画の数々や、『河童の三平』『縄文少年ヨギ』といった名作もとりあげる他、参加者の皆様と、「妖怪を感じる」ためのある遊びを行ってこみたいと思います。どんな内容かは来てのお楽しみ♩

 また、昨年、やはりサラ・シャンティでおこなわれた「己読み(こよみ)」シンポジウムでご一緒させていただいた、関西ヌーソロジー研究会(https://www.kansai-noos.com/)代表の川瀬統心さんもゲストでおこしいただきます。
 妖怪学×ヌーソロジーで、何が観えてくるのか・・!? 
 ヌーソロジーに関心のある方でも、愉しめる内容になると思います。

 よろしくお願いいたします。
 ※会場では『水木しげると妖怪の哲学』販売も予定されております。

 詳細・お申し込み方法などは下記
  ↓         ↓        ↓
 【タイトル】「妖怪と日本心性〜『水木しげると妖怪の哲学』出版記念レクチャー〜」
 【日時】  2月26日(日) 14:00-17:00(13:30開場)
 【場所】  健康道場サラ・シャンティ(神戸市灘区八幡町3-6-19-1A 所在地・地図はコチラ→http://www.npo.co.jp/santi/info/ss_info.html)
 【参加費】3000円(当日支払い。高校生以下は半額・幼児無料)
 【お申し込み・お問い合わせ先】
 観音企画 
 ●メール kannonkikaku2013★gmail.com (★を"@"にしてください)
 ●電話 090-5043-0009(景山)


 スキャン.jpeg
posted by 甲田烈 at 17:02| Comment(0) | イベント案内 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。