2017年01月05日

『オイ鬼太郎!ワシの幸福論を聞いてくれ 〜未公開 水木しげるの日記〜』を観る

 あけましておめでとうございます。
 今年もよろしくお願いします。

 さて、つい先ごろまでNHK・総合で放送されていた『オイ鬼太郎!ワシの幸福論を聞いてくれ 〜未公開 水木しげるの日記〜』を見ていました。

 昨年の12月に刊行した『水木しげると妖怪の哲学』(イーストプレス社)を晩夏から秋にかけての執筆が終わり、最終ゲラの段階には、この番組のテーマとなっている水木しげるの日記が発見されたことは知っていたのですが、実際に触れてはいませんでした。
 ただ、拙著の末尾には、未定稿や日記、書簡の発見により、水木像が編み変わる可能性は示唆していたので、そうした意味ではぜひともチェックしたい内容でした。

 見終わった感想としては、やや駆け足ながら濃厚な構成だったと思う。そして、京極夏彦氏のコメントや佐野史郎氏の日記朗読もかなり効いていて、興味の尽きない内容に思われた。

 書き手にとって、こうした新しい「史料」の発見は、自分が作品の読解に注力することから得られた知見を、むしろ具体的に反証する機会であり、自説が覆されたり、また新たな角度から深堀できるきっかけとして、愉しいものなのです。

 さて、番組内では、一般的には「正義のヒーロー」とされる鬼太郎の、水木にとっての位置を再検証するように始まっていましたが、日記の紹介として「その后の鬼太郎」として落ち目になった鬼太郎がねずみ男によるゴキブリの繁殖を手伝う原案や、編集者による「わかりにくいストーリーはぜったいにざけてください」という手紙も消化されていました。

 私見でも、「鬼太郎」は「正義の味方」ではありません。
 それは勧善懲悪の物語ではなく、むしろ最初期の貸本版シリーズや晩期の「鬼太郎霊団」に描かれているように、世界のバランスを解明しているように思われます。それは生と死とか、幸福と不幸とか、人間と妖怪とか、二項対立にされやすい概念のうち、どちらかを取り出して肥大化させることなく、またどちらの角度に偏ることなく、補い合って存在しているさまを、内在的に描いています。

 こうした観点からすれば、むしろ「鬼太公」がいるおかげで日本は「妖怪後進国なのだ」という「妖怪軍団」のストーリーなど、納得できるものです。

 また、「植物が蜂起する」といったストーリー案は、個人的にはかなり好きな「コケカキイキイ」や「原始さん」に表されているモティーフでもあり、これは水木作品に反復して描かれているものでしょう。

 さらに、水木の東北への旅における「妖怪火のかんじ」というのも、番組の後半における京極氏の「戦略的に懐かしさを取り入れた」ということに通ずるものがあります。ただ、この「感じ」は潜在化している触覚的感じ取りの前景化として、私はかんがえています。どういうことかというと、人間は頭の中で「○○だ」という前に、そのことを「わかって」おり、名付けとか解釈は、そのあとにやってくるということです。「なんとなく、こんな気がする」ということは、ですからバカにはできません。

 それはまた、自己意識としての「私」成立以前の〈私〉に知られている、という意味において、たしかに「懐かしさ」でもあるでしょう。日々を生きている「私」よりも、すでに気づかれてはいるけれども、明確に意識されていないそれは、いのちの世界に近いのですから。

 けれども、こうしたことにとどまらず、示唆的だったのは、水木の日記における「ヒットラー」への度重なる言及です。実は拙著において、水木作品には近藤勇や新講談・宮本武蔵のシリーズ、さらにはこのヒットラーなど、伝記の名作が多いことには言及しながらも、そこでは「神秘家列伝」や「猫楠」の読み解きに注力したために、立ち入ってはいません。
 番組の中では、水木が「絶対的正義」に懐疑的であり、「善人」でも「悪人」でもない人物としてヒットラーを描いていることに焦点が当てられていました。これは水木の伝記作品に深く共通するリアリズムですし、鬼太郎作品の本質としてのバランスにも通じてきます。

 最後に、「幸福」論。
 これは「幸福の七ヵ条」に結実する発想が、かなり早期から確立していたことをうかがわせる内容でした。「好きなことをする」ということのために、「あらゆる努力を惜しまない」ということ、そして、「幸福はここにある」ということ(私はそれを「不可避である」と読み解いてみました)。これは水木幸福論の、ブレない軸であったように思われます。

 こうなってくると、時間をかけてでも、水木しげるの日記の刊行が待たれることになりますね。
 水木しげるの全集も刊行中でもありますし、まだまだ新資料の発掘によって、その像は編み変わっていくと思いますが、注視しつづけたいと思います。

 そして拙著も、水木作品を旅するおともに加えていただければ幸いです。
水木しげると妖怪の哲学 (イースト新書) -
水木しげると妖怪の哲学 (イースト新書) -
posted by 甲田烈 at 23:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。