2012年12月04日

AYANAVI〜日本の「妖」(あやかし)ナビゲーターたち・第11回のお知らせ

 先月、ボランティア活動に携わっている友人たちと、「第7回・境港妖怪検定」の「初級」を受験しました。見事。。とは言えませんが、88点で合格。久しぶりの「試験」でしたが、ドキドキしました。
 もちろん、中級・上級と難易度が高くなっていくのですが、来年は中級を目指します。来年は被災地復興を妖怪から考えたいとも思っています。
DSCN1144.JPG

 ところで、Blogをご覧のみなさんは、鳥取県境港市の「水木しげる記念館」(http://mizuki.sakaiminato.net/)に行かれたことはありますか?
 もちろん、水木しげるの代表作『ゲゲゲの鬼太郎』をはじめ、彼の妖怪画や妖怪フィギュアをより立体化した「妖怪洞窟」など、見応えは十分なのですが、最も興味深く、また「妖怪」の本質にせまっていると思われるのは「精霊の間」というコーナーです。
EXP=1354662619.jpeg

 ここに集められたのは、水木しげるが世界旅行によって蒐集した南洋パプア・ニューギニアなどの仮面や置物のコレクション。この部屋にいるだけで、なにかが「いる」という感じが強くし、そしてなんだか、元気が沸いてくるのです。

 よく知られているように、水木しげるは大正11(1922)年に鳥取県境港市に生まれ、幼少期は「のんのんばあ」という拝み屋のおばあさんにかわいがられることから、妖怪の世界に開眼します。20歳で徴兵され、22歳で戦地で左腕を失った彼は、しかしニューブリテン島でトライ族に親しみ、一時は現地で暮らそうと悩んだほどでした。帰国して職を転々とした後、昭和41(1966)年に鬼太郎で売れっ子漫画家となった後、水木は昭和46(1971)年にパプア・ニューギニアを再訪し、以降、毎年のように世界旅行に出かけるようになります。

EXP=1354660175.jpeg

 ところで、水木しげるといえば、もちろん「妖怪」。
 それも、私たちは、水木しげるによって姿・形を与えられ、絵画化されたものを「妖怪」だとイメージしています。「妖怪のなかには、そうした大昔からいるようなものもあり、江戸時代の人が、つくったりかんじたりしたものもある」(『妖怪なんでも入門』と述べ、また「妖怪はいる」(『日本妖怪大全』)ともいいます。

 妖怪は、いる。

 では、この「いる」とは、どういうことなのでしょうか。
 ヒントになるのは、平成6(1994)年に提唱された、水木しげるの「妖怪千体説」です。この年、水木はマレー半島セノイ族の村を訪れ、同年『水木しげるの大冒険』と『世界はゲゲゲー世界妖怪大全』を刊行します。これらの著作で水木は「全世界の妖怪は、だいたい同じようなものが「千」ある」と強調しています。世界にも、目に見えない、形のない存在が「いる」と考える人々が暮らしているということ。そのことへの確信から、水木は探求の幅を広げていくのです。
P7183015a.jpeg

 AYANAVIも、いよいよ最終回。
 お開きは、水木しげるの世界を、あえて世界の妖怪たちに目を転じ、マレー旅行記やセノイの精霊たちに関する諸研究から、「妖怪」が「いる」世界を探訪してみようと思います。
img.jpeg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
★タイトル「妖怪と暮らすと幸福になれる!?ーー水木しげるとフシギ研究」
 ★開催日時 12月21日(金) 20:00〜21:30(※今月は第三金曜日です)
 ★講師 甲田烈(現・相模女子大学非常勤講師:最終学歴 東洋大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学(専攻・仏教学)

 
 ★場所 ジャンクションシティ(http://www.junctioncitytokyo.com/Photo_%26_Cafe_%22Junction_City%22/Home.html)
 Access/ 西武新宿線 新井薬師前駅 南口から徒歩2分 
 Address/ 〒164-0002 東京都中野区上高田3-37-7 サクラディア B1F
 e-mail/ jctアットマークjunctioncitytokyo.com(“アットマーク”を“@”に書き換えてください)

 ★各回参加費 1000円+1order
posted by 甲田烈 at 09:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。