2013年11月05日

珠帆印inねとらじにて11月から「妖怪ラヂオ」開始

 この半月ほど、和歌山⇨出雲⇨名古屋と旅をしてきました。
 戻ってみると、東京は晩秋を通りこし冬の寒さをおもわせます。

 そんな気候ですが、この11月から、毎月第3水曜日の22時〜、私がメインパーソナリティをつとめさせていただく「妖怪ラヂオ」が始まることが決定しました。

 決して、法螺は吹いても駄法螺ではありません。

 hora_1.jpg

 そも大学の講義とレクチャーしかしたことがない人間が、メインパーソナリティなんて勤まるのか、うっかり涙と鼻でもつまらせて放送事故になりはしないか(笑)、いや、そんなことよりあることないことをしゃべりすぎないか。。。ということがとても心配なのですが、そこはそれ、「妖怪ラヂオ」ですから、何が化けてでるかはわからないのです。

 このブログにもときどきは書き、いくつかの論文で主張しているように(著書はまだか..というせっつく声も聞こえますが。。)、「妖怪」とは「不思議な現象」のことです。「現象」レベルから「妖怪」について考えるとき、物理・心理・文化・社会の諸現象について、その「不思議」を問うという角度から、この世界や私たちのいとなみについて、哲学していくことができます。そのようなメタ視座をベースとして、個別領域の「不思議」についても、また解き明かしていくことができます。

 物事に素朴に不思議を感じ、問い合う中で、奥深いいのちのいとなみに触れ、またそのことを通して自他ともに活き活きとしていく場を創る、そんな考えから、このラヂオを開局しようと思いました。
944676_456506271107674_1394154904_n.jpg

 なんせ「妖怪」ですから、どこへでも滑り込みます。日頃は交差しないゲストをお呼びして交差させ、またリスナーからも不思議な事象の体験談や考察を募集しながら、未知の未来を言祝ぐべく愉しく番組を進めていきたいと思っています。

 珠帆美汐さん・二子渉さん・あぜくらみちたかさんといった、他の担当の方たちもとても個性的。

 下記から番組詳細を確認することができます。
 是非、応援してください!

http://therapist-jp.com/modules/pico3/index.php?content_id=28
posted by 甲田烈 at 21:35| Comment(0) | 妖怪学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする