2012年12月17日

【告知】2013年2月2日・甲田烈 × 火水ハヌル 新春予祝トークセッション  「旧正月と神々のことほぎ 〜魔除けの学問と実践〜」

 来年、2月2日に、異色コラボレーションでワークショップを行うことになりました。

 コラボの相方はスピリチュアルカウンセラーで、占星術にも詳しい火水ハヌルさん。
 ハヌルさんとは、つねづね、Facebookを通して交流させていただき、生業にも関わらず(失礼!)そのバランスの良さと学識の深さは尊敬していました。「そのうち、なにかやりましょう」とお話ししていたのが、このたび、ふくたまやさんのご協力のもと、実現します。

 ハヌルさんとは、どんな愉しい会にしようかと、内容についてのやりとりを繰り返しています。
 そんななか、うかがったのが「年獣」の話。
 「年またぎにやってくる恐ろしいもの」として知られ、みつけると人を食い殺す。けれども、「赤いもの」は苦手なのだとか。この話を聞いて、日本のナマハゲの行事や、旧暦のコト八日(12月8日、2月8日)にやってくる一つ目小僧やミカリババアという妖怪のことを思いだしました。

 さて、ワークショップ(WS)のテーマは「魔除け」。
 単に理論や背景の紹介だけでなく、実際の所作やその意味についても経験し、繙いてみたいと思っています。
 考えて、使える内容のものを分かち合うことが中心です。
 たとえば、指を弾くことに、どんな意味があるの、とか。
 息をふきかけることで、何が変わるの、とか、そんな「しぐさ」に関心のある方も、楽しめると思います。

 そして、嬉しいことに、本告知前に、すでに申し込みをしていただいた方がいます。
 内容を見ていただき、ご興味・関心があれば、是非、旧暦年越し前の一日をご一緒できればと思います。
 詳しくは以下をクリックしてください。

 ふくたまや→http://fukutama.jp/seminar/130202talk/
EXP=1355834986;_ylt=A3JuNGzqFM9QjA0AeOqU3uV7.jpeg

posted by 甲田烈 at 21:52| Comment(0) | 妖怪学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする