2012年10月27日

AYANAVI〜日本の「妖」ナビゲーターたち・第10回のお知らせ/泉鏡花、「刹那」を歩む

 毎月、告知が遅れ失礼しています。
 AYANAVIも早くも年末が近づき、哲学から文学作品の鑑賞、絵画論へと、とりあげる対象を広げていっています。昨日は都合により休止したため、来月、ふたたび泉鏡花(1873-1939)の作品をみなさんと観賞してみたいと思います。

%E7%8C%AA%E8%8B%97%E4%BB%A3%E5%9F%8E%E8%B7%A1-1.jpeg
 泉鏡花の作品というと、耽美・幻想的という表現が思い浮かびます。そしてその世界は、繊細な色彩感覚に彩られています。けれども、鏡花の根幹は、やはり「お化け好き」と言えるのではないでしょうか。
 柳田國男の『遠野物語』を読み込み、「妖怪変化豈得てかの如く活躍せむや」と激賞した鏡花は、周囲の批判にもかかわらず、「お化けは私の感情だ」と公言してはばかりませんでした。

 実際、鏡花はこの世界が観音力と鬼神力という、力で満たされた世界だと考えています。この力は人間にとって不可抗力なもので、大入道や三つ目小僧、一本唐傘のお化けといった妖怪変化の具体的現象は、「最も親しむべき」鬼神力のあらわれだと考えていたのです。
EXP=1350815287.jpeg

 そんな鏡花が注目したのが、「たそがれ」感覚。
 「善と悪とは昼と夜とのやうなものですが、その善と悪との間には、滅すべからざる、消すべからざる、一種微妙なところがあります」(「たそがれの味」)
 ある、何かと何かが移行していく、その刹那。
 鏡花はそこに、なにを認めようとしていたのでしょうか。
 そのことと、「感情」や「力」との関係はどのようなものでしょうか。
 そもそも、鏡花の描く妖怪たちや、幻想的な世界は、どのような「感情」をあらわしているのでしょうか。

 坂東玉三郎の演じたことで有名であり、舌長婆や朱の盆といった民間伝承の妖怪たちが登場する『天守物語』、作中人物の醒めた視点が印象的な「雨ばけ」、季節の花が全て咲くという野原への、薬草取りの青年と花売り娘の足取りを、花々の移行とともに描いた「薬草取」、山中における修行僧の異界体験を描いたとされる「高野聖」。これらの作品を繙きながら、「感じ」としての「妖怪」体験を味わってみたいと思います。

EXP=1350814559.jpeg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ★タイトル「「お化けは私の感情だ!」〜泉鏡花・刹那を歩む
 ★開催日時 11月30日(金) 20:00〜21:30

 ★講師 甲田烈(現・相模女子大学非常勤講師:最終学歴 東洋大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学(専攻・仏教学)

 
 ★場所 ジャンクションシティ(http://www.junctioncitytokyo.com/Photo_%26_Cafe_%22Junction_City%22/Home.html)
 Access/ 西武新宿線 新井薬師前駅 南口から徒歩2分 
 Address/ 〒164-0002 東京都中野区上高田3-37-7 サクラディア B1F
 e-mail/ jctアットマークjunctioncitytokyo.com(“アットマーク”を“@”に書き換えてください)

 ★各回参加費 1000円+1order
posted by 甲田烈 at 18:10| Comment(0) | 妖怪学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月20日

AYANAVI〜日本の「妖」(あやかし)ナビゲーターたち・第9回のお知らせ

 ゆるゆるとやっているAYANABIも、9回目となりました。前回は、小泉八雲(1850-1904)の創作の秘密にせまりながら、八雲が「夢」との対話と聴覚を磨ぎ澄ませながら、怪談を紡いでいったことを明らかにしました。
 さて、今回は泉鏡花(1873-1939)です。
EXP=1350814149.jpeg
 泉鏡花の作品というと、耽美・幻想的という表現が思い浮かびます。そしてその世界は、繊細な色彩感覚に彩られています。けれども、鏡花の根幹は、やはり「お化け好き」。柳田國男の『遠野物語』を読み込み、「妖怪変化豈得てかの如く活躍せむや」と激賞した鏡花は、自身「恐くないお化け」を生涯描くことを目的とし、「お化けは私の感情だ」と公言してはばかりませんでした。

 実際、鏡花はこの世界が観音力と鬼神力という、力で満たされた世界だと考えています。この力は人間にとって不可抗力なもので、大入道や三つ目小僧、一本唐傘のお化けといった妖怪変化の具体的現象は、「最も親しむべき」鬼神力のあらわれだと考えていたのです。
EXP=1350815287.jpeg

 そんな鏡花が注目したのが、「たそがれ」感覚。
 「善と悪とは昼と夜とのやうなものですが、その善と悪との間には、滅すべからざる、消すべからざる、一種微妙なところがあります」(「たそがれの味」)
 ある、何かと何かが移行していく、その刹那。
 鏡花はそこに、なにを認めようとしていたのでしょうか。
 そのことと、「感情」や「力」との関係はどのようなものでしょうか。
 そもそも、鏡花の描く妖怪たちや、幻想的な世界は、どのような「感情」をあらわしているのでしょうか。

 坂東玉三郎の演じたことで有名であり、舌長婆や朱の盆といった民間伝承の妖怪たちが登場する『天守物語』、作中人物の醒めた視点が印象的な「雨ばけ」、季節の花が全て咲くという野原への、薬草取りの青年と花売り娘の足取りを、花々の移行とともに描いた「薬草取」。これらの作品を繙きながら、「妖怪」と「感情」の関係について、考えてみたいと思います。

EXP=1350814559.jpeg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ★タイトル「「お化けは私の感情だ!」〜泉鏡花・刹那を歩む
 ★開催日時 10月26日(金) 20:00〜21:30

 ★講師 甲田烈(現・相模女子大学非常勤講師:最終学歴 東洋大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学(専攻・仏教学)

 
 ★場所 ジャンクションシティ(http://www.junctioncitytokyo.com/Photo_%26_Cafe_%22Junction_City%22/Home.html)
 Access/ 西武新宿線 新井薬師前駅 南口から徒歩2分 
 Address/ 〒164-0002 東京都中野区上高田3-37-7 サクラディア B1F
 e-mail/ jctアットマークjunctioncitytokyo.com(“アットマーク”を“@”に書き換えてください)

 ★各回参加費 1000円+1order
posted by 甲田烈 at 21:17| Comment(0) | 妖怪学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月09日

 突然ですが、ネットラジオに出演します!

 秋に入り、だいぶ過ごしやすくなってきました。
 突然ですが、なんと明日、畏友のカウンセラー・ふたこわたる(http://windshamanwf.blog34.fc2.com/)さんがこの曜日のパーソナリティをつとめられるネットラジオ「珠帆印のねとらじ・蝶のはばたき」に出演させていただくことになりました。
 ふたこさんとは、10月10日に一般書店にも並ぶ予定の尾崎真奈美編『ポジティブ心理学再考』(http://www.nakanishiya.co.jp/modules/myalbum/photo.php?lid=894)分担執筆の仕事でご一緒させていただきました。けれどもう7〜8年前、都内のこれもまた不思議な茶室で知り合っていらいはや数年、懇意にさせていただいております。
 最近、二子さんと折にふれ対話するのが「予祝」について。
 今・この瞬間をふまえつつ、未来を祝い生きるということ。
 そのあたりのことを、ふだんから取り組んでいる哲学・心理学・妖怪研究の知見もふまえつつ、視聴者の方ともやりとりさせていただければ、と考えています。
 風使いとメタ理論使い、どうなりますことやら、今から愉しみです。
 是非、お聴きいただければと思います。

s_IMGP2179.jpg

******
10月10日(水) 蝶の羽ばたき

ゲスト:甲田烈さん
哲学者、妖怪研究家、相模女子大学非常勤講師


今回のゲストは、哲学者で妖怪研究家の甲田烈さん。
僕の知り合いの中でももっとも博識でスーパー頭がいい一人です。

哲学者で、妖怪の研究などもされていて、
そうでありながら、強烈なキャラクターで女子大でも人気の
何ともいえない魅力に満ちている人。

今回は妖怪の研究(フィールドワーク?を含む)のお話や、
最近、研究されている「予祝」のお話を伺います。

予祝というのは、甲田さんのFacebookのノートによると
文字どおり、なにか良きことを起こる前に、予めいわい祝福することです。
https://www.facebook.com/retsu.koda/posts/354311694660466

「 反対運動や、抗議といったものは、異議申し立てが
社会問題を可視化するという捉え方をすれば重要であり、
それにはそのための場所があります。
 ただ、僕はなにかに反対したり抗議をする、ということが、
自己完結してはならないと思っています。

 たとえ抗議の声をあげる場合でさえ、もしその先の信ずる
未来方向から考え、かつ「今」を充足させるということがなければ、
あらゆる抗議は、それをなす者たちのこころの中に深い分裂を造り出し、
ひいてはそれは信念対立のような形で、たいせつな友人や家族、
仲間たちとの間で分裂をつくりだしてしまいます。
また、ではどんな未来が望ましいのか、人から与えられたスローガンではなく、
自分たちは、ほんとうにどういう人生を送り、
未来の人たちにそれを手渡していきたいのか、
そうした問いを積極的に問うという契機にもなりにくいところがあります。

 「予祝」行動は、「抗議」行動では、ありません。
 むしろありうべき未来をしっかりと「今」に立ちつつ選び、予め祝っていくことです。」


面白そうではありませんか。

時間になったら是非お聞き下さい!


http://therapist-jp.com/


****
パーソナリティ ふたこわたる

風使いの小屋 代表
工学博士。カウンセラー/経営コンサルタント。
一人一人が、今の時代の地球に生まれてきた意味を全うし、
本当にいい人生だった、と思えるような生き方をするのを
お手伝いしています。
地球に幸せを広めるカウンセラー養成講座や、
ネイティブアメリカンの智慧を伝える自然体験のワークショップ
など現在の地球に生きることを満喫するための企画に
多数携わっています。

(ブログ)
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/

(珠帆印殿堂入りセラピスト紹介)
http://therapist-jp.com/modules/pico2/index.php?content_id=4

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
風使いの小屋


今後の予定

10月14日(日) アニマルコミュニケーション初級セミナー
   講師:伊勢みゆきさん
http://windshamanwf.blog34.fc2.com/blog-entry-348.html

10月20日(土)21日(日) 森のハーモニー三浦「地球の遊び方」
http://ameblo.jp/mika-smile-healing/entry-11344108689.html

12月1日(土)2日(日) 森のハーモニー三浦

12月14日(金) セラピストのための収益構造講座 札幌

12月15日(土) 詳細未定 札幌
posted by 甲田烈 at 17:55| Comment(0) | 非人称的アプローチ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする