2012年09月13日

イベントお知らせ・「アタラシイジプンのつくりかた」(理論編)

 みなさま、お久しぶりです。
 かねてより共著の執筆やイベントを通して交流のある成瀬まゆみさん(http://ameblo.jp/mayumi-naruse/)にお招きいただき、下記のようなトーク・イベントを行うことになりました。
 成瀬さんは、ポジティブ心理学を基軸とした「アタラシイジブン」をコンセプトに、タルベン・シャハーの『ハーバードの人生を変える授業』やディマティーニの翻訳、そしてコーチングや映画の監修など、幅広く活躍しています。

 ところで、「アタラシイジブン」と聞いたときに、みなさんはどのようなことを思い浮かべられるでしょうか?
 今、私の中では「爆発」(岡本太郎)や生の跳躍(ベルクソン)といったコトバが浮かびますし、日本の哲学者・西田幾多郎は、「創造的世界の創造的要素として制作的・創造的なる所に、我々の真の自己というものがあるのである」(「人間的存在」)と述べています。
 
 人と比べない、そしてもちろんできあいの成功哲学や道徳論でもない、未知の領域への生の肯定と創造。
 「アタラシイジプン」は、どうすればなれるか、ということではなくて、「解明」されるのを待っている、誰のこころの中にもあるミステリーなのではないでしょうか。
 そのようなことも含め、また簡単にできるワークも含めながら、成瀬さんや参加されたみなさんと語り合ってみたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ☆☆アタラシイジブンのつくりかた☆☆

 ■ナヴィゲーター 成瀬まゆみ×甲田烈

 ■日時 2012年9月23日 10:00〜12:00
 ■場所
 ルノアール 飯田橋西口店 マイスペース
⇨(http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2077&flow=st)

今のままじゃいやだ!
変わりたい!

そう思ったとき、
私たちはつい、
今の自分を否定することから始めてしまいます。

でも、
今までの経験上、
いやだ、いやだと思って、
自分を否定することで、
アタラシイジブンが生まれたことはありませんでした。

今の自分をあるがままに認める、
いやだと思っている感覚と寄り添う。
今の自分をしっかりみつめると腹をくくる。

そんなとき、
突然、ステージが変わることがあります。
そのあたりを、
せひ哲学者である甲田烈さんと対話をしながら、
深めていきたいと思います。

他にも、
みなさんはどんときに、
アタラシイジブンが生まれたと感じられたことがあったでしょうか?

インタビューによると、



1.一人旅をして自分と向き合ったとき

2.失敗して、自分のつまらないエゴが壊れたとき

3.自分をあるがままに見つめて、
  今までの自分を心から恥ずかしいと思ったとき

4.自分の人生には自分で責任をとると腹をくくったとき

5.自分をありのままに認めてくれる仲間に出会ったとき

6.守るべきものができたとき


などが、あげられました。


そのあたりもみなさんでお話しながら、
そして、哲学的な考察をいただきながら、
アタラシイジブンが生まれるエッセンスを、
みなさんとともに抽出していきましょう!


参加費:3500円 (ドリンク付き)

定員:10名 


*9月のイベントは、アタラシイジブン理論編
10月のイベントは、アタラシイジブン実践編になります。

*2つのイベントを、
9月の時点でまとめて申し込んでいただいた場合は、
2回分(7000円)が5000円になります。

お申し込みはこちらから、
お願いします。

http://my.formman.com/form/pc/rLEuRythYVNjIiPw/

image.jpeg



posted by 甲田烈 at 05:51| Comment(0) | ポジティブ心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする