2012年09月18日

AYANAVI〜日本の「妖」(あやかし)ナビゲーターたち・第8回のお知らせ

 おかげさまで、この夏から体調が回復してきており、ほぼ日常のことども問題なくできるまでになりました。
 早寝早起きも復活!
 朝4時に起きると、さすがに秋の気配がします。けれども、東京は毎日お昼くらいになると、とたんに蒸し暑くなって仕事になりません(><)。そんなときは、抽象的な思索の手を休めて、妖怪画や物語に触れて気分転換することにしています。
 みなさんは、いかがおすごしですか。

 先日、東洋大学で開催された国際井上円了学会に行ってきました。大変な盛況ぶりでしたが、「妖怪学」に特化した発表はありませんでした。ただ、中国の思想家・蔡 元培(さい げんばい)は、実は円了の『妖怪学講義』を中国語訳していたとか、会場からも「円了は妖怪を否定していない」というコメントも入るなど、一部、活気のあるやりとりもありました。円了の全体像も含め、妖怪学研究の進展が待たれます。

 さて、前回、7月は休止となったために、今月は「小泉八雲」をとりあげます。

20100118190525.jpg
 日本をこよなく愛し、「怪談」を好んだ八雲は、妻セツに、何度でも同じ話をせがむくらい、物語の創作に熱中しました。
 こんな逸話が残されています。
 毎夜、平家の亡霊に招かれて琵琶を弾き語る芳一。鮮烈なイメージとともに有名な「耳無し芳一」について書いていたころ、八雲は妻セツに、平家の亡霊が「開門」というところを、何度も語らせたといいます。そして、庭の木々のざわめきを聞いては、「あれ、平家が滅びていきます」とか、「壇ノ浦の波の音です」と独り言を言っていたとか。

image-1.jpeg
 
 そこまで物語に入り込んでいた八雲。
 単に怖いだけでなく、私たちにもっと奥深いものを告げてくれるかにみえる「怪談」は、どのようにしてできあがったのでしょうか。そしてまた、「怪談」はなぜ好まれるのでしょうか。
 八雲が東京帝国大学で語った「霊的なもの」(ghostly)という表現と、近世における「怪談」の歴史を手がかりに、いくつかの八雲作品を鑑賞しながら、その秘密にせまってみたいと思います。

EXP=1343265071.jpeg


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ★タイトル「「あれ、平家が滅びていきます」〜小泉八雲の怪談創り
 ★開催日時 9月28日(金) 20:00〜21:30

 ★講師 甲田烈(現・相模女子大学非常勤講師:最終学歴 東洋大学大学院文学研究科博士後期課程単位取得満期退学(専攻・仏教学)

 
 ★場所 ジャンクションシティ(http://www.junctioncitytokyo.com/Photo_%26_Cafe_%22Junction_City%22/Home.html)
 Access/ 西武新宿線 新井薬師前駅 南口から徒歩2分 
 Address/ 〒164-0002 東京都中野区上高田3-37-7 サクラディア B1F
 e-mail/ jctアットマークjunctioncitytokyo.com(“アットマーク”を“@”に書き換えてください)

 ★各回参加費 1000円+1order
 
posted by 甲田烈 at 11:45| Comment(0) | 妖怪学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

イベントお知らせ・「アタラシイジプンのつくりかた」(理論編)

 みなさま、お久しぶりです。
 かねてより共著の執筆やイベントを通して交流のある成瀬まゆみさん(http://ameblo.jp/mayumi-naruse/)にお招きいただき、下記のようなトーク・イベントを行うことになりました。
 成瀬さんは、ポジティブ心理学を基軸とした「アタラシイジブン」をコンセプトに、タルベン・シャハーの『ハーバードの人生を変える授業』やディマティーニの翻訳、そしてコーチングや映画の監修など、幅広く活躍しています。

 ところで、「アタラシイジブン」と聞いたときに、みなさんはどのようなことを思い浮かべられるでしょうか?
 今、私の中では「爆発」(岡本太郎)や生の跳躍(ベルクソン)といったコトバが浮かびますし、日本の哲学者・西田幾多郎は、「創造的世界の創造的要素として制作的・創造的なる所に、我々の真の自己というものがあるのである」(「人間的存在」)と述べています。
 
 人と比べない、そしてもちろんできあいの成功哲学や道徳論でもない、未知の領域への生の肯定と創造。
 「アタラシイジプン」は、どうすればなれるか、ということではなくて、「解明」されるのを待っている、誰のこころの中にもあるミステリーなのではないでしょうか。
 そのようなことも含め、また簡単にできるワークも含めながら、成瀬さんや参加されたみなさんと語り合ってみたいと思います。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 ☆☆アタラシイジブンのつくりかた☆☆

 ■ナヴィゲーター 成瀬まゆみ×甲田烈

 ■日時 2012年9月23日 10:00〜12:00
 ■場所
 ルノアール 飯田橋西口店 マイスペース
⇨(http://standard.navitime.biz/renoir/Spot.act?dnvSpt=S0107.2077&flow=st)

今のままじゃいやだ!
変わりたい!

そう思ったとき、
私たちはつい、
今の自分を否定することから始めてしまいます。

でも、
今までの経験上、
いやだ、いやだと思って、
自分を否定することで、
アタラシイジブンが生まれたことはありませんでした。

今の自分をあるがままに認める、
いやだと思っている感覚と寄り添う。
今の自分をしっかりみつめると腹をくくる。

そんなとき、
突然、ステージが変わることがあります。
そのあたりを、
せひ哲学者である甲田烈さんと対話をしながら、
深めていきたいと思います。

他にも、
みなさんはどんときに、
アタラシイジブンが生まれたと感じられたことがあったでしょうか?

インタビューによると、



1.一人旅をして自分と向き合ったとき

2.失敗して、自分のつまらないエゴが壊れたとき

3.自分をあるがままに見つめて、
  今までの自分を心から恥ずかしいと思ったとき

4.自分の人生には自分で責任をとると腹をくくったとき

5.自分をありのままに認めてくれる仲間に出会ったとき

6.守るべきものができたとき


などが、あげられました。


そのあたりもみなさんでお話しながら、
そして、哲学的な考察をいただきながら、
アタラシイジブンが生まれるエッセンスを、
みなさんとともに抽出していきましょう!


参加費:3500円 (ドリンク付き)

定員:10名 


*9月のイベントは、アタラシイジブン理論編
10月のイベントは、アタラシイジブン実践編になります。

*2つのイベントを、
9月の時点でまとめて申し込んでいただいた場合は、
2回分(7000円)が5000円になります。

お申し込みはこちらから、
お願いします。

http://my.formman.com/form/pc/rLEuRythYVNjIiPw/

image.jpeg



posted by 甲田烈 at 05:51| Comment(0) | ポジティブ心理学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする